2019年07月17日

市根井孝悦 精選作品集 大雪山・神々の遊ぶ庭 が出版されました

 2014年、これが最後と思い、8冊目の写真集”大雪山・わが心の山”を世に出しました。幸い、買い求めてくだ
さる方が多く、残部が十数部になってしまいました。そこで、山と渓谷社に重版の相談をしました。この数年来、出
版界も不況でどの出版社も新規の出版には二の足を踏んでいたからです。
 それにしても、人と人との絆とは嬉しいものですネ。私はこれまで山と渓谷社とは四十年以上の付き合いをさせて
いただき、幸い歴代の社長とも親交を得て参りました。このような縁で、この厳しい出版不況の中で、川崎深雪社長
・編集長が知恵を絞ってくださり
                市根井孝悦  精選作品集
                 大雪山・神々の遊ぶ庭
を出版にこぎつけてくださいました。これは私の人生の記念すべき出来事です。
 今、この年齢になり、改めて人と人との関係がいかに大切であるかを実感しています。

IMG_9628.JPG  IMG_9619.JPG

IMG_9629.JPG  IMG_9631.JPG

IMG_9625.JPG  IMG_9626.JPG

 少し手前味噌になりますが、今、写真集を手にしますと、これまでの作品集に比べ、色も鮮やかで、大雪山の
美しさを表現するにふさわしい写真集になったのではと、自画自賛し嬉んでいます。
 それに加え、今作品集に花を添えてくださったのが、世界的に著名なシェフであり、日本遺産大使の任にある
三國清三氏です。 
 改めて謝意を表したいと存じます。


posted by sounkyo at 12:15| 館長のつぶやき

2019年07月11日

今年初の白雲岳

ゆ 七月七日、二泊三日の日程で花を求めて白雲岳を訪ねて参りました。幸いなことに、三日間快晴に恵まれ
最高の登山日和になりました。
 ただ、残念であったのが、昨年十月以来、初の登山であったため、体力面で苦労し、第三雪渓の急斜面で
は、5回も休みました。でも道側の可憐な花々に助けられ、夕刻、何とか白雲キャンプ場に着くことができ
ました。 
 遅い夕食を済ませた後、テントから西の空をみると三日月が輝き、とても美しく、心が洗われるようでし
た。
 翌朝、白雲岳山頂まで足を伸ばし、花の様子をみてきましたが、白雲分岐からのガラ場にはエゾオヤマノ
エンドウが一面に山肌を飾り、今を盛りに咲いていました。しかし白雲頂部は、まだ残雪が多く今一歩という
感じでしたが、咲きはじめの花は清らかで美しいですネ。

                                   IMG_9952.JPG 
                                            白雲岳から望むトムラウシ山

      IMG_9996.JPG      IMG_0067.JPG
           キバナシャクナゲ                キバナシオガマ

IMG_9989.JPG IMG_1102.JPG 
            イワウメ                    ホソバウルプソウば

 最終日、下山前に白雲避難小屋周辺の花々が気にかかり散策することにしました。例年なら、高根が原に下る
一帯には、花々が咲き乱れているのですが、残雪が多く、キバナシャクナゲが疎らに咲く程度でした。しかし、
モーレンの砂礫にはエゾオヤマノエンドウが一面に咲き、また、水場周辺の湿地には、エゾノリュウキンカが今
を盛りに咲き、時の経つのを忘れさせるほどでした。やはり白雲岳はいいですね。
 ただ、私も反省しなければならないことがあります。午前11時、白雲キャンプ場を発ったのですが、突然遭
難救助のヘリコプターが飛来し、緑岳上空で病人の救助作業をはじめました。後刻知ったのですが、足が攣り動
けなくなったそうです
 実は、私も今回準備不足で、山を楽しむどころか、大変な思いをしました。山は常に危険を伴います。自らを
過信せず、お互い注意したいものです。

IMG_0033.JPG  IMG_0081.JPG
           白雲岳の雪渓                岩場に咲くエゾノリュウキンカ

                   IMG_0077.JPG              IMG_0060.JPG
                  雪しろに咲くエゾノリュウキンカ                               エゾオヤマノエンドウ

posted by sounkyo at 15:28| 館長のつぶやき

2019年06月29日

春の名残りを求め、高原温泉へ

 春遅き高原温泉も、さすがにこの時季になると、あの可憐な花を咲かせていたミズバショウも、葉が巨大化
しその面影すら感じさせてくれません。
 そこで今回、次の登山の足慣らしをかね、春の名残りを求め、緑沼附近まで足を伸ばしました。ヤンベの分
岐を過ぎ丸木橋を渡ると、残雪が山肌を覆い、赤い標識をたよりに進むと、バショウ沼、ドショウ沼、滝沼そ
して緑沼が続き、その大部分の沼面の氷が解け、氷が美しい模様を描き、私を迎えてくれました。
 ただ、天候が今一歩で、途中烈しい雨になりましたが、その後、少し明るさを取り戻すと、新緑と残雪がし
っとりとした佇まいをみせていました。この季節の高原温泉もいいですネ。次回は空沼まで足を伸ばす予定で
す。

IMG_9599.JPG IMG_9619.JPG

              IMG_9631.JPG


続きを読む
posted by sounkyo at 18:25| 館長のつぶやき