2018年07月28日

花の山・トムラウシ山を訪ねて

 パソコンの調子が今一歩で、ホームページの更新が儘ならず苦慮して
おりましたが、何とか修理ができ安心いたしました。
 さて、私は7月25日から27日まで、トムラウシ山に入りました。
例年ですと、花の山・トムラウシ山と称されるように、山全体が多種の
花で覆われるのですが、今年はどうしたことか?花は疎らで、私をがっ
かりさせました。
 でも、幸いなことに、この場所に咲いてほしい!と願う場所で咲き
私を喜ばせました。そこで二回に分け掲載させていただきたいと思いま
す。
 ところで、今回はトムラウシ温泉より登りましたが、体調が思わしく
なく、時間切れで、前トム平の登山道に緊急のビバークをするはめにな
りました。翌朝3時に行動開始、トムラウシ公園・南沼周辺を散策しま
したが、実に心豊かな山との出会いになりました。
 ご覧いただければ幸いに存じます。
IMG_6175.JPG IMG_6217.JPG
IMG_6205.JPG IMG_6234.JPG
posted by sounkyo at 18:53| 館長のつぶやき

2018年07月03日

高原温泉を訪ねて

 パソコンの調子が悪く、ホームページの更新ができず困っていたので
すが、やっと修復しました。その間、私は高原温泉の様子が気になり四
度訪ねることができました。
 初回は五月初旬、高原温泉から約5百メートルの湿原です。自然の営
みはすごいですネ。雪間から水芭蕉が顔を覗かせ私を待っていてくれま
した。雪の模様はその年の積雪、風向きなどの条件で異なりますが、春
山は要注意です。今年は雪量が多く、道に迷うことがしばしばでした。
IMG_5278.JPG

IMG_5243.JPG IMG_5273.JPG
IMG_5769.JPG
 翌週からは、ヤンベの沢を渡渉し空沼を目指しました。まだ橋がない
ので素足で渡渉したのですが、雪解け水が冷たくて足の感覚がなくな
るほどでした。それに高度を上げるにつれ残雪が多く、ルートファンデ
ングには苦労しました。それでも、道に迷いながら何とか目的地に着け
たのは幸いでした。
 それにしても、ヤンベタップ沢源頭の急流に咲くエゾノリュウキンカ
は見事ですね。また、思いもよらない発見もありました。予想もしない
場所で雪間から水芭蕉が姿をみせていたのです。
 春山はこのような素晴らしい装いで、私を迎えてくれたのですネ。
 下山後、高原温泉の湯船につかり、登山の疲れを流しましたが、何と
贅沢な人生でしょうか。
                        感謝!感謝です。
         IMG_5812.JPG
IMG_5727.JPG IMG_5927.JPG
IMG_5890.JPG





posted by sounkyo at 10:24| 館長のつぶやき

2018年05月25日

オオバナノエンレイソウに会いに!

 帯広方面の挨拶巡りは、北海道らしい景観の狩勝峠を越えるだけに
楽しいドライブコースになります。
 いつものことですが、仕事を終えると、少し足を伸ばし広尾町に自生
するオオバナノエンレイソウに会いに行きます。
 この時期、一面に白い花が咲き、所々にサクラソウのピンク色、シラ
ネアオイの薄紫色が彩り、実に清々しい光景なのです。
 懐かしく思い、また会いに来ましたヨ!と挨拶すると、花々が微風に
揺れ、まるで挨拶を交わし合っているかのようです。私はゆったりと散
策し、花の香りを楽しませていただきました。桃源郷というのは、この
ような情景をいうのでしょうネ。    
 来年もまた来れるでしょうか?
IMG_5113.JPG

IMG_5120.JPG IMG_5121.JPG
IMG_5126.JPG IMG_5131.JPG
posted by sounkyo at 10:50| 館長のつぶやき