2019年10月31日

今年度営業終了のお知らせ

 5月1日より半年間営業をして参りましたが、10月31日をもちまして今年度の営業を終了いたしました。
 この期間、多くの方々が来館くださり、中には何度も足を運んでくださったり、時には長時間にわたり作品を
鑑賞してくださり、何とお礼を申し上げてよいか言葉がありません。心から感謝申し上げます。
 来年度は令和2年5月1日より開館いたします。新作品を加え展示する予定ですので、皆様のお越しをお待ち
いたしております。
 ありがとうございました。


                                 層雲峡・大雪山写真ミュージアム
                                      館長  市根井 孝悦
posted by sounkyo at 17:51| 館長のつぶやき

2019年09月30日

バショウ沼の美しさに心が奪われました

 どうしたことか、今年は多忙でなかなか山に行けず困っていました。でも、やっと時間をみつけ秋の高原温泉
を訪ねることができました。
 多量の降雪があっただけに紅葉の様子が気がかりでしたが、ミネカエデが紅葉の盛りを迎え私を楽しませてく
れました。
 その中で、特に印象的だったのがバショウ沼です。極小な沼なのですが水草が生え、沼周辺に生育するナナカ
マドの紅い葉が水面に姿を映す。それが、さざ波が立つ度に、美しく姿を変えます。私は立ち去り難い気分にな
りました。
 確かに、全山を覆い尽くす、雄大な大雪山の紅葉も素晴らしいです。でも、何故か私は、この小さな沼の繊細
な美しさに心を奪われてしまいました。
 あと、一週間後にまた訪ねるつもりですが、風景がどのように変わるか?楽しみです。

IMG_9980.JPG IMG_9961.JPG

IMG_0017.JPG IMG_0007.JPG



posted by sounkyo at 12:41| 館長のつぶやき

2019年08月20日

心和むエゾシカ

 写真ミュージアム周辺には、毎朝、エゾシカが遊びに来ます。多い日には、五・六頭が現われ、思いのまま草
を食み、眠りこんでいます。今日も母子のシカが現われ、いろいろな仕草をして私を楽しませてくれます。
 まだ、乳離れをしていないのでしょう。時折り思い出したように、子ジカが母ジカの乳房を強く引っぱり、乳
をせがみます。でも、乳は止まり、さぞかし痛いのではと思われます。
 しかし、母ジカは子ジカのなすがままに、身をゆだねています。この様子を見ているとなぜか心が和みます。

IMG_0075.JPG IMG_0067.JPG

IMG_0064.JPG IMG_0060.JPG


続きを読む
posted by sounkyo at 12:01| 館長のつぶやき