2018年09月16日

美しき 上ホロカメットク山

 夜、風音で目が覚めました。外に出ると、星空なのですが十勝岳上空
には雲がかかっているので、十勝岳を中止し、上ホロに登ることにしま
した。
 AM5時、雲上に東大雪山系が浮かび、朝日が空を紅く染めています
山で迎えるご来光は、いつ見ても荘厳な美しさです。
 この日は、山頂に四時間程とどまり、ゆっくりと撮影を楽しみました
私の至福の時です。
 下山後、カミホロ温泉に浸かり汗を流しましたが、幸せが心に染み入
るようです。その折の写真を掲載いたしましたので、ご笑覧を賜れば幸
いに存じます。
IMG_9860.JPG IMG_9868.JPG
     東大雪の日の出         朝日を受ける富良野岳
IMG_9894.JPG IMG_9885.JPG
       十勝岳              八つ手岩
posted by sounkyo at 18:04| 館長のつぶやき

2018年09月15日

十勝岳に思い出をたどる

 先日、急遽友人達に誘われ、十勝岳に行くことになりました。七年ぶ
りです。D尾根を登ったのですが、七百数十段の階段を全装で登るとい
うのは少々きついですネ。でも、音更山で身体を慣らしていましたので
何とか楽に登れました。
 それにしても、八手岩上部の景観は迫力があります。集中豪雨で山肌
が崩落しむき出しです。
 眼下に上ホロ避難小屋が見えた時は、ほっとしました。以前、厳冬の
撮影で何か月も滞在しお世話になった小屋なので、思い出がひとしおで
す。
 午后、ガスが湧き何も見えなくなりました。しかし、日没後、雲が沈
み富良野岳の山並みが姿を現しました。太陽が顔を出し、山肌を紅く染
めてくれることを期待しましたが、残念でした。明朝、晴れたら十勝岳
に向かいます。
IMG_9841.JPG IMG_9920.JPG
     八ッ手岩           上ホロ避難小屋
IMG_9849.JPG IMG_9856.JPG
    雲上の富良野岳           三段山
posted by sounkyo at 18:03| 館長のつぶやき

2018年09月04日

霧の中 ユニ石狩岳を訪ねる

 先週私のミスで、ユニ石狩岳を断念しましたので再度訪ねました。
 生憎、天候には恵まれず、霧の中の登山になりました。晴れた日もい
いですが、流れる霧の中に現れたり、消えたりするダケカンバの姿、幻
想的ですネ。その美しさに見入ってしまいます。
 この日は、ブヨ沢に幕営しましたが、一頭の大きなメスのエゾジカが
現れ、テントの周りから離れません。多分、お腹の中に子供がいるので
しょう。食べることに夢中で、2メートルくらいまで近づいても逃げる
気配がありません。野生の動物と接することのできる、何と心温まる光
景でしょう。
 翌朝、好天を望めそうもなかったのですが、撮影ポイントに向かいま
した。予想が外れ、雲海上に、石狩岳、ニペソツ山などの山脈が浮かび
壮大な姿を見せてます。それにしても、東大雪は野性的ですネ。登山者
も少なく、ゆったりと静かな気分で味わえる山ですネ。
 ただ、次の日の予報が雨なので、安全性を考え、下山口に近い十石峠
に幕営地を移し、霧の中ユニ石狩岳を登りました。途中雨の中を下山し
ましたが、晴れた山の姿を想像し、霧の中を歩くのもいいですネ。
IMG_9702.JPG IMG_9691.JPG
          IMG_9722.JPG
IMG_9620.JPG IMG_9641.JPG



posted by sounkyo at 21:24| 館長のつぶやき