2018年09月04日

霧の中 ユニ石狩岳を訪ねる

 先週私のミスで、ユニ石狩岳を断念しましたので再度訪ねました。
 生憎、天候には恵まれず、霧の中の登山になりました。晴れた日もい
いですが、流れる霧の中に現れたり、消えたりするダケカンバの姿、幻
想的ですネ。その美しさに見入ってしまいます。
 この日は、ブヨ沢に幕営しましたが、一頭の大きなメスのエゾジカが
現れ、テントの周りから離れません。多分、お腹の中に子供がいるので
しょう。食べることに夢中で、2メートルくらいまで近づいても逃げる
気配がありません。野生の動物と接することのできる、何と心温まる光
景でしょう。
 翌朝、好天を望めそうもなかったのですが、撮影ポイントに向かいま
した。予想が外れ、雲海上に、石狩岳、ニペソツ山などの山脈が浮かび
壮大な姿を見せてます。それにしても、東大雪は野性的ですネ。登山者
も少なく、ゆったりと静かな気分で味わえる山ですネ。
 ただ、次の日の予報が雨なので、安全性を考え、下山口に近い十石峠
に幕営地を移し、霧の中ユニ石狩岳を登りました。途中雨の中を下山し
ましたが、晴れた山の姿を想像し、霧の中を歩くのもいいですネ。
IMG_9702.JPG IMG_9691.JPG
          IMG_9722.JPG
IMG_9620.JPG IMG_9641.JPG



posted by sounkyo at 21:24| 館長のつぶやき