2018年05月08日

ニセイカウシュッペ山への思い

 久し振りに清々しい朝を迎えました。上川町方面から望むと、石狩川
の流域の木々は、淡い黄緑色に眩しく輝き、その上に残雪のニセイカ
ウシュッペ山が姿を現しています。山麓はめっきり春めいているのに、
山はまだ、冬の佇まいを見せ、人の近づくのを阻むかのようです。
 昨年秋、このニセイを訪れた時、すでに晩秋の佇まいを見せていまし
たが、朝、晴れ上がり、ニセイの山頂より望むと、大槍越しに表大雪の
雄大な山並みが横たわり、朝日を受け真赤に染まっていました。
 その迫力ある景観に圧倒され、この時の素晴らしい感動を、友ととも
に分かち合ったものです。
 山というのはいいものですネ、登るのもいいですが、下山後、その思
い出に浸るのも実にいいものです。だから、人は山に憧れを抱き、止め
られないのでしょうネ。
 もう少し待てば、また春山のシーズンです、待ち遠しくてワクワクし
ています。
               皆さまもご一緒に登ってみませんか。
IMG_4791.JPG

posted by sounkyo at 12:49| 館長のつぶやき