2018年05月05日

先春の大雪ダムをたずねて

 ゴールデンウィーク中のせいか、今日も沢山の方がミュージアムを訪
れてくださり、感謝の一言につきます。
 その人々の中には、20年以上前に知り合った方とか、北大の工藤岳
先生のお弟子さんもいて、わざわざ挨拶に来てくださいます。
 そんな時は、館長室に招き、近況報告とか、山の話に花を咲かせるの
が常です。この時間が時の過ぎるのも忘れるほどで、心がなごみます。
 午後3時過ぎ、お客さんが切れたのを幸いに、急に大雪ダムが懐かし
くなり車を走らせました。ここは、高原温泉、銀泉台、三国峠の撮影の
中継地としていつも訪れる場所です。それだけに沢山の思い出がありま
す。それを時間のゆるす限り辿るのもいいですネ。
 台地に座り眺めると、すでに湖面の氷は解けているものの、湖畔には
残雪が、まだら模様を描き、この季節ならではの雰囲気を漂わせていま
した。帰り際、ふと見ると、日当たりのいい場所にフキノトウが芽を出
しています。
 この先春の大雪ダムもいいですネ。今年もまた時間を見つけては訪れ
心のエネルギーを補充させていただくつもりです。只々感謝です!
IMG_4762.JPG IMG_4752.JPG
IMG_4755.JPG IMG_4761.JPG

posted by sounkyo at 10:24| 館長のつぶやき