2017年08月20日

ナキウサギに遊んでいただきました。

 8月17日、久しぶりに、然別温泉近くの駒止湖を訪ねてみました。
この附近は、エゾナキウサギの生息地で、個体数も多く、それに加え、
手ごろな大きさの岩石が積み重なり、その上に生した地衣類、コケ類が
独特の景観を示し、写真のモチーフとしては最適の場所なのです。
 9時30分、着くと10名程度のカメラマンがいましたので、邪魔に
ならないように、一番奥の方に三脚を立て、ナキウサギが顔を出してく
れるのを待ちました。
 ところが、他の人の前には、よく姿を現すのに、私の前には、4時間
以上過ぎても姿を現しません。痺れを切らした私は、ポイントを変える
ことにしました。すると数分後、元の場所で鳴き声がするではありませ
んか、そんなことを何度か繰り返すうちに、帰宅予定の15時が過ぎ、
何かナキウサギに遊ばれたような気分で山を下りました。
 帰りの車の中で、ふと、私達人間は、日頃から小さな結果にこだわり
あくせくとした生活を送っていますが、一時足を止め、時より、霧の中
から姿を見せる美しい駒止湖を眺め、地衣類、コケ類の生す岩の上で、
気ままに生きるナキウサギ、そのどちらの生き方が、生ある者の本来の
姿なのであろうかと考えさせられました。
 時間を見つけ、近々また訪ねるつもりです。
IMG_9477.JPG IMG_9482.JPG

posted by sounkyo at 10:49| 館長のつぶやき