2017年07月23日

いよいよ夏山到来(後編)

 以前であれば、今頃の時期、白雲避難小屋は連日満員の状態でした
が、最近、その数が減少している感じがします。なぜでしょうネ。
 それはさて置き、
 日の出とともに、雲海が湧き上がりトムラウシ山が姿を隠しはじめた
ので、予定を変更し白雲岳山頂に向かうことにしました。初夏を彩る花
々がそろそろその役目を終え、次の花たちにバトンタッチする節目の時
を迎えたらしく、思いのほか花が少ない印象を受けました。でも、頂上
直下だけは別で、チングルマが群生し、私を迎えてくれました。
 山頂に立つと、幸いなことに、急に雲が薄れ、岳人の憧れトムラウシ
山姿を現しはじめました。北方向には、旭岳、北鎮岳などの表大雪、そ
して東に目を展ずると、ニペソツ山など石狩山系の山並みが峰を連ね、
大雪山ならでの壮大な景観に圧倒されるようです。
 予報では好天が望めそうでなかったのですが、大雪山は、また笑顔で
迎えてくれました。私は立ち去り難い気持ちで山を眺めていましたが、
至福の時というのは、この状態のことを言うのでしょうネ、感謝の一語
です。
 その夜、急に風が吹き、雨音で目が覚めました。あと一日好天に恵ま
れれば仕事が終えられたのに、残念ですが、心を山に残し、雨の中山を
下ることにしました。
IMG_9205.JPG IMG_9270.JPG
IMG_9271.JPG IMG_9273.JPG
IMG_9258.JPG IMG_9264.JPG
IMG_9246.JPG IMG_9282.JPG


posted by sounkyo at 12:14| 館長のつぶやき