2016年06月04日

6月の雪

 新緑を求めて浮島湿原(上川町)を訪ねて参りました。ところが季節
外れの吹雪に見舞われ、登山口に至る林道に降雪があり、また、道沿い
の木々の枝が雪の重みで垂れさがり、道を塞いでいたため、これ以上進
むのは危険と判断し引き返すことにしました。(山はに逃げませんので)
 秋、紅葉した木々の枝に初雪が薄らと積もる風情は、実に色鮮やか
で輝いています。でも、吹雪が舞い新緑上に雪というのは、派手さはな
いものの、しっとりとしていて心の奥に浸み入るような安らぎを覚えま
す。私は時の過ぎるのも忘れ、この幽想的な美しさに見とれてしまいま
した。北国ならでの自然美です。
   IMG_1113.JPG  IMG_1102.JPG
 
   
 IMG_1092.JPG  IMG_1107.JPG  
 
 吹雪後の湿原の風景が心にかかり、翌朝、再度訪ねました。木道上に
積雪があり滑って転ばないよう注意深く歩きます。それにしても、雪の
湿原はいいですね。池塘を縁どる湿地には雪が積もり、多様な模様を描
き、雪解けとともに刻一刻と形を変え、浮島湿原の美しさを際立たせて
います。この季節ならではの一瞬美です。来年、また来るからね!と、
心にそっと言い聞かせ帰路につきましたが、なんと心豊かな山旅でしょ
う。
 IMG_1175.JPG  IMG_1200.JPG
 
posted by sounkyo at 14:32| 館長のつぶやき