2015年10月31日

閉館のお知らせ

 月日が過ぎるのは早いものですね。十月末日もう閉館の時を迎えました。この
半年、各地からたくさんの方が訪ねてくださり、暖かいはげましの言葉をいただき、
時には私の拙い作品をさかなに、楽しい時間を過ごしました。この体験は私にとって
貴重な宝です。本当にありがとうございました。
 ところで、来年このミュージアムは大きくリニューアルすることになりました。現在
上川町が企画しすでに工事を施工しています。私もまだどのように変容するのか、知ら
されていませんが、今から楽しみです。また、展示作品も少し入れ替えを予定していま
す。どうぞ、来年五月一日の開館を期待してください。
 とは言っても、私にとってやはり山が一番ですね。先日、雨に煙る晩秋の浮島湿原が
無性に見たくなり訪ねました。雨の中訪れる人もなく、この素晴らしい自然を心行くま
で堪能し心に焼きつけて参りました。
 そして来年もと密かに願いつつ湿原を後にしましたが、やはり後髪を引かれますね
何度も大声を上げ、しばしの別れを告げて参りました。

どうぞ、来年も宜しくお願い致します。
                                        館長・市根井 孝悦


IMG_7795.JPG      IMG_7805.JPG

IMG_7799.JPG     IMG_7802.JPG

IMG_7808.JPG









posted by sounkyo at 15:25| 館長のつぶやき

2015年10月10日

トムラウシ山初冠雪

今シーズンを締め切る山をどこにしましょうか?と随分迷いました。しかし、台風23号の
接近を考慮し、沼ノ原湿原に幕営することにしました。静かな時の流れに身を委ね、初冠
雪を纏い優美な姿を沼面に映すトムラウシ山、この雰囲気を味わうには沼ノ原湿原が最
も相応しいと考えたからです。
 それにしても人が少ないですね。この広い大地に私達のパーティーの二張りのテント
だけです。さすが北海道です。何と贅沢なことでしょうか?
 ただ、残念であったのは、幕営初日夜半すぎから細波が立ちはじめ逆さトムラの姿を見
ることができなかったことです。でもこれはトムラウシ山がまた来いよ!と誘なっている
のでしょう。私はこの誘いにのり、また来年花の季節に入りたいと願っています。
 少し気障な言葉ですが、朝日を受け純白に輝くトムラウシ山は素晴らしいですね。や
はり私にとって永遠の白い恋人です。


IMG_1830.JPG     IMG_1843.JPG


IMG_1733.JPG    IMG_1888.JPG


 それにしても幸いなことに、10月6・7日と快晴に恵まれ、心行くまで散策できま
した。背景には昨年雑誌の取材で訪れた石狩山系が峰を連ね、私を手招きして
います。この湿原、晴れもよし、霧でもよし、そして雨もまたよし。それぞれに趣きが
ありいいですね。今季最後を飾るに相応しい山旅に、ただただ感謝です。

IMG_2094.JPG     IMG_2134.JPG


IMG_2169.JPG        IMG_1823.JPG


posted by sounkyo at 12:50| 館長のつぶやき

2015年10月04日

初冠雪の高原温泉を訪ねる

 九月中旬を過ぎてから初冠雪の日を指折り数え待ってました。紅葉に薄らと
雪が積もり陽光に輝く光景はいつ見ても素晴らしいからです。
 やっと、その待ちに待った日が訪れました。私は喜び勇んで高原温泉に出かけ
ました。すでにナナカマドの紅い葉は枯れ落ちていましたが、所々にミネカエ
デが黄色い名残の葉をつけ、ダケカンバの白い幹、高根が原の新雪が、この季節
ならではの美しい姿をみせ深く心に浸み入るようです。
 これで高原温泉が、今年最後になるかと思うと何とも言えない寂しさが込み
上げてきます。その時ふと、来年もまた来れるのだろうか?と不安がよぎりました。
それにしてもどうしででしょうか?月並みな言葉ですが、晩秋の山というのは、なぜ
こんなにまでも人を詩人にさせるのでしょうね。


IMG_1703.JPG    IMG_1695.JPG

IMG_1564.JPG     IMG_1677.JPG

               IMG_1578.JPG





posted by sounkyo at 12:58| 館長のつぶやき