2015年09月29日

大雪山の素晴らしさを次の世代へ!

高根が原より高原温泉を俯瞰しておりましたら、急に沼巡りをしたくなりました。幸い、
大雪山撮影講座で受講生を案内することになっておりましたので、私も一緒に楽しむ
ことにしました。
 しかし、この二・三日で葉が散り落ち高原温泉は晩秋の佇まいを見せていました。
それにしても、今年の天気は変ですね。途中から雷鳴がなり雨天になりました。 紅
葉は陽光を受け輝くのもいいですが、でも、名残りの葉をつけ雨に煙るなか立たづむ
木々の姿も実に味わい深く、その幻想的な美しさに雨にぬれた衣服も気にならないほ
どでした。
 そんな素晴らしい自然の中を、熱心な受講生と一緒に写真撮影をするのは楽しく、時
が過ぎるのも忘れるほどでした。ところで、どうしてか不明なのですが、いつの間にか、
大雪山の魅力に引かれ写真撮影に情熱を傾ける若い女性の方が加わっておりました。
山行中、話をする機会があり、私のミュージアムに何度か足を運んでくれたとのこと
を知りました。奈良女子大卒、自衛隊の任務でPKO国際援助隊員としてアフリカのスー
ダンに行かれるなど立派な経歴の持ち主で、その知性と目的意識を目の輝きが示してい
るような方でした。
 私は、努めてお名前をお聞きしませんでしたが、このような方々が、この大雪山の素
晴らしさを写真を通して次の世代に知らせてゆくのだと思うと、なにかうれしい気分になり
ました。本当に一期一会です。

IMG_1370.JPG     IMG_1446.JPG

IMG_1478.JPG     IMG_1465.JPG


IMG_1498.JPG     IMG_1483.JPG
    


      IMG_1451.JPG







posted by sounkyo at 13:19| 館長のつぶやき

2015年09月26日

晩秋の白雲岳を行く

 前回、秋を求め白雲岳を訪ねたことをご報告しましたが、今回は晩秋の大雪山の
佇まいを求め入りました。
 今年、紅葉の訪れは早いようで、もうナナカマドの葉は枯れ落ちすっかり晩秋で
す。一週間前訪れたときには紅に輝いていたのに、大雪山の秋はまるで駆け足で
通り過ぎます。でも、どことなくこのさびしい風情を、自らの人生に重ね合わせ、もの
思う一時になるのでしょうね。
 ところで今回は高根が原から高原温泉を俯瞰することでした。このポイントは、高
原温泉が秋から晩秋へと季節が旅する姿を一望できる最高の場所で、私の最も好
きな場所の一つなのです。その期待を今回も裏切りませんでした。

IMG_1194.JPG     IMG_1215.JPG

IMG_1095.JPG     IMG_1094.JPG

IMG_1284.JPG IMG_1267.JPG
 

 下山の日というのは、いつもそうですが複雑な思いが心を駆け巡ります。そんな
私を励ますかのように大雪山は今回もまたすばらしいプレゼントをしてくれました。
朝光が雲を紅く染め、くっきりと雌阿寒岳を浮び上がらせたのです。それしにても大
雪山の朝はドラマチックですね。宇宙の神秘を感じさせます。これはまた来いよとい
う大雪山からのサインなのかも知れません。
 でも、これで大雪山の紅葉は終わりではありません。これからいよいよ三国峠、層
雲峡温泉がはじまります。その序でに、よろしかったら当館にでもお立ちよりくだされ
ば幸いです。

IMG_1156.JPG    IMG_1162.JPG

posted by sounkyo at 13:06| 館長のつぶやき

2015年09月22日

盛秋の大雪山に皆さんもいかがですか

今年の紅葉は例年になく色鮮やかだと聞き、九月十六日、銀泉台より白雲岳を訪ねて参りました。
銀泉台は、紅葉の盛りを迎え評判通り山肌を錦繍に飾っていました。

IMG_0532.JPG IMG_0539.JPG

 さらに、第三雪渓まで足を伸ばすと、少し盛りを過ぎた感じですが山全体が鮮紅に染まっているよう
な感じです。


IMG_0593.JPG IMG_0802.JPG

 午後3時を過ぎ、急に風が強くなりガスが発生しましたので、急遽赤岳を経て白雲キャンプ場
に向かいました。翌朝、ガスに覆われていましたが徐々に薄れ、紅葉したナナカマドの背後にトム
ラウシ山が姿を現します、それにしても白雲岳の紅葉は見事ですね。私は、この日一日紅葉三昧
の日を過ごすことができました。まさに至福の時です。
 下山の日、ガスに覆われていましたがひょっとすると思いみどり岳に向かいました。途中、日の
出の時を迎え美事なモルゲンロードが空を深紅に染めました。今回もまた山は笑ってくれました。
只々感謝です。この幸せを皆さんにおすそ分けしたい気分です。


IMG_0812.JPG IMG_0787.JPG









posted by sounkyo at 16:10| 館長のつぶやき