2015年05月31日

花を求めて、北海道の海岸を走らせてみませんか?

 5月29日(金) 北海道ガーデンショウ2015大雪のオープニング
セレモニーにご招待をいただき出席させて頂きました。
 盛大な式典の後、早速ガーデン会場を散策させていただきました。雄大
な大雪山の山並みを借景に、各作家の皆様が、自らの思い描くイメージで
デザインをした庭園は独創的で素晴らしく、その強い思いが、織り成す
花々を通して伝わり、時が過ぎるのも忘れるほどでした。

 ところで、過日、私は仕事の帰りに広尾町のオオバナノエンレイソウ
の群生地を訪ねて参りました。日本一の群生地とは聞いていたのですが、
流石ですね、圧倒されました。
 私が訪れた時、丁度 花の最盛期を迎え、オオナバノエンレイソウ、オオ
サクラソウ、そして シラネアオイが混交し、樹間から差し込む陽光を受け
輝いていました。ただ、不思議に思えたのはだれも人に会わなかったことです。
もったいないですね。
 
 北海道はこれからサロベツ原野、野付半島、ワッカ原生花園、そして七月
には大雪山が花の季節を迎え、花の島・北海道に変容します。

 それにしても、花の持つ力はすごいですね。皆さんも心の豊かさを求め、
少し時間をみつけ車を走らせてみませんか?私は近々、高原温泉にエゾノ
リュウキンカを求め入る予定です。いよいよ、私の季節のはじまりです。


IMG_9433.JPG IMG_9430.JPG

IMG_9441.JPG IMG_9478.JPG


IMG_9435.JPG IMG_9479.JPG










posted by sounkyo at 13:41| 館長のつぶやき

2015年05月06日

心のふるさとを訪ねて

 開館の少し前、大阪での仕事を終え、垂水・須磨の浦などを訪ねて参りました。
若い頃、なぜか平家物語の世界に惹かれ、時間の都合をつけては源平合戦の
史跡を訪ね、歴史ロマンに心を踊らさせたものでした。ただ、一ノ谷古戦場は
まだで、それが心残りでした。そこで、今回須磨の浦を訪ねたのです。浜辺に立ち沖を
眺めますと平家のご座船、軍舟が波に漂い、敦盛と直実が戦う姿、そしてその後
の直実の生き様が忍ばれ、胸が熱くなりました。
 翌々日、小雨の中訪れる人の希な須磨の浦を再度散策しました。散る桜が
”もののあわれ”を一層強く感じさせ、心をロマンの世界に誘い、旅愁を
掻き立ててくれます。そこで、つい最近習い始めたばかりですが、
 ・浜に立ち 敦盛の哀れ 目に浮かべ。
 ・散る桜  跡みつつ歩む 雨の中。
 ・帰り来て 夢とうつつを 繰り返し。
                          と気取ってみました。
 また、晴れ間を見て、京都・嵯峨野も訪ねました。教員時代 修学旅行で
よく生徒達を引率し、知たり顔で説明していた思い出の地だからです。野々宮寺、
落柿舎、祇王寺、滝口寺へと進む道すがら、ふと昔耳にした
 ”そるとても 何か恨みむ梓弓 引きとどむべき 心ならねば。”
という、横笛から滝口入道への返歌が脳裏に浮かびました。
 この歌を口吟みながら歩むと、八百年以上過ぎた今でも新鮮で、古人(えにしえびと)
と私の心が一体化したかのような不思議な感覚になりました。

 さて、早いものです。私の山岳人生も半世紀以上が過ぎました。その間に
無数の出会いと別れを繰り返してきました。しかし、今までは当然のことと
大して気にも留めないで生きてきました。だか最近、その折々の友人との他愛も
ない会話、屈託のない笑顔が、四季の彩りを添え思い浮び、気持ちを高ぶらせる
ことが多くなりました。
 この思いを、目前の山の姿に重ね合わせると、ともすれば、今まで無機質に
映った景観が急に輝きを増し、心をときめかせます。そして、人間にとって
人間がいかに大切な存在であるか!を改めて思い起こされてくれます。
 少し青臭い話しですが、今回の小旅行で得た小さな気づきが、私の心に
少しだけ深みを与え、新たな創作に向け、意欲を掻き立てる一つの切っ掛けに
なったように思われ、うれしい気分になりました。

IMG_9292.JPG IMG_9317.JPG











posted by sounkyo at 12:58| 館長のつぶやき

2015年05月01日

今季の営業を開始いたしました!!

5月1日(金)層雲峡・大雪山写真ミュージアムが今季の営業を開始いたしました。

町中では桜の便りが聞かれますが、この写真が示す通り、
この館周辺はまだ残雪が多く、時折冬の感じになります。

しかし、目をこらすと、至る所 雪間からフキノトウが
顔をのぞかせ、また上川町から層雲峡温泉に至る路側には、
ミズバショウが大群落をつくり春の訪れをつげています。
朝、車窓からながめ通勤するのですが、実に心がなごみます。

ただ、少し足を伸ばし大雪ダムまで行きますと湖面が氷で
覆われ冬の佇まいをみせています。この景色をながめていると、
季節を逆に旅しているような奇妙な感覚になります。

いよいよ今日からオープンです。今年も一年
どうぞよろしくお願いいたします。


IMG_9320.JPG IMG_9325.JPG

IMG_9338.JPG IMG_9346.JPG

IMG_9332.JPG IMG_9328.JPG




























posted by sounkyo at 10:51| 館長のつぶやき