2014年09月05日

初秋の沼ノ原湿原・・・

 初秋の沼ノ原湿原は雰囲気がよく、私の好きな所の一つです。
晴れると、湿原の彼方に岳人の憧れトムラウシ山が望まれ、また、
よくキリが発生するので、そのキリに佇む樹々の姿、そして池塘、
さながら、日本画を思わせる幽想的な世界です。

 今回訪ねた日(9月3日)、晴天域が広がり壮大な山岳景観を
十二分に堪能させていただきました。しかし翌朝、目が覚めると
深いキリに覆われ、視界10mでした。しかし、時間とともにキリ
が薄れ、樹間をゆったりと流れ、その美しさに見入ってしまいま
した。

 こんな素晴らしい光景の中に立つと、自分だけが何か悠久の時
の流れに佇んでいるような錯覚をおこします。

 でも雨が降りはじめ、クッチャンベツ川の増水が心配なので、後
ろ髪を引かれる思い出下山準備を開始をしました。

 ただ困ったこともありました。前回訪れたときは、幕営地、大沼の
周辺は水が少なかったのですが、今回は満水で幕営できず、分岐
の近くに狭い場所を見つけ、幕営しました。

IMG_9813.JPG  IMG_9823.JPG  IMG_9856.JPG  IMG_9886.JPG
    
 また、こんな山オヤジ(山コドモ?)の足跡がありました。ひょっとすると
私達が近づいたのであわてて逃げ出したのかも知れません。本当に可愛
い足跡ですね。

        IMG_9860.JPG

 それにしても、今年は紅葉が早いですね。標高約1,400mか、
1,500mの沼周辺がもうこんなに紅葉しています。今年の大雪山
の紅葉は思いのほか早いようです。
IMG_9872.JPG

posted by sounkyo at 12:05| 館長のつぶやき