2014年06月22日

近々・・・

 近々、天候の回復を待ってニペソツ山など東大雪山系に入る予定です。
新たな出版に向けての撮影と、山岳雑誌の取材のためです。この東大雪
は登山者も少なく野性的で、根強い人気のある山です。それだけに、今年
はどんな出会いに恵まれるか楽しみでワクワクしています。
松尾芭蕉を気取るわけではありませんが、
 松島の月心にかかりて 三里に灸するを忘れ… でしょうか。

 その足慣らしというのも少し語弊がありますが、一昨日、黒岳を登って
参りました。生憎ガスでしたが、キリにかすむ新緑のダケカンバが幽想
的な雰囲気を醸し出し、その美しさに、つい見入ってしまいました。晴れ
た山もいいですが、キリもまたいいですね。

 それと、今年は天候不順で、残雪が多く、七合目から九合目近くまで、
ビッシリ雪渓に覆われていました。でも、山頂に近づくにつれ、キバナシ
ャクナゲ、ハクサンイチゲなど道端を飾り、山頂から石室石室への一帯
にはイワウメ、メアカンキンバイが花の盛りを迎えていました。

 山頂でしばし花を堪能し下山しました。そこで皆さんに写真を通して、
この幸せを少しだけお裾分けしましょうね。

IMG_9994.JPG   IMG_0002.JPG   IMG_0003.JPG   IMG_0004.JPG   IMG_0006.JPG   IMG_0007.JPG
posted by sounkyo at 14:00| 館長のつぶやき

2014年06月08日

開館した時…

 開館した時、うず高く積もっていた雪も解け、こんなに少なくなりました。
この調子だと、層雲峡の夏の訪れはもうすぐそこまで来ているのかも知
れませんね。

 ところで、今年、ミュージアムの裏手に危険防止のための砂防ダムが
できる予定なのですが、その工事が間もなくはじまります。 少し大規模
になりそうなので、ダンプの往来等で、ご迷惑をおかけすることになると
存じます。

 極力、作品の鑑賞等に支障を来さないように注意をしたいと思います。
ご理解くださいますようよろしくお願いいたします。

007.JPG
posted by sounkyo at 12:25| 館長のつぶやき

2014年06月01日

「大雪山・わが心の山」

 五月二十三日、山と渓谷社より「大雪山・わが心の山」を発刊いたしました。
近くの書店で立見でも結構ですので、ご笑覧いただければ幸いです。

 本書は、今年大雪山が国立公園指定80周年を迎えたのを機に出版され
たものです。内容は最近の作品を中心に、過去の作品の中で特に思い入れ
の深い作品を加え、今回のテーマを表現するに相応しい編集を心がけました。

作品集の出来、不出来は、人それぞれ感じ方が異なりますが、今作品集は私
も満足しています。ご高覧賜れば幸いに存じます。

005.JPG   001.JPG
posted by sounkyo at 17:17| 館長のつぶやき